サークル「アンバリヅカ」

同人サークル「アンバリヅカ」の公式HPです。

はじめに

本ホームページ(ブログ)では、同人サークル「アンバリヅカ」の活動予定&活動実績、また刊行物についての情報をまとめています。

------

★今後の活動予定 

昨今の情勢により、イベント開催が非常に不透明です。開催可否についてはイベント直前に必ずTwitterの告知を御確認ください。翌月の活動予定については下記FANBOXにて記事を更新しております(無料)。

 

------ 

 

★定期活動報告はこちら

www.pixiv.net

-------

 

★最近の新刊

 

 

------ 

 

★各種リンク

www.pixiv.net

ニコニコ:http://www.nicovideo.jp/user/297345

 

skeb:

skeb.jp

Skebについての補足説明

-------

★各種通販:

anbarizuka.booth.pm

www.melonbooks.co.jp

-------

★創作漫画「てーきけん」

 

-------

f:id:seasideexp:20190416222202p:plain

 

 

★連絡先について(依頼、相談、見積もり等はこちらへ)

mail:seasideexpあっとgmail.com

(※至急連絡等はTwitterをご利用下さい)

 

管理者:しーさいど

------

f:id:seasideexp:20191117125203p:plain

【同人誌】アンバリヅカの攻略本 北海道4500km

2022年春にコミティア向け新刊として作成、通販先行頒布。


体裁:印刷所製 本文白黒 A5-84P
頒価:700円(会場頒価)

ステータス:在庫あり


同時に頒布された同人ゲーム「北海道4500km」の攻略本です。ゲーム作者による内容監修を受けております。
本文内容としてはゲーム内時刻表となります。


BOOTHでは「紙」「電書」「紙+電書セット」を設定。
紙版攻略本はイベント前後以外は受付停止になってるかもしれません。

anbarizuka.booth.pm

 

メロンブックス通販・店頭(および書泉ブックタワー書泉グランデの各店頭でも取扱あり)

www.melonbooks.co.jp

 

ゲーム本体概要

 

 

 


前作の攻略本から判型が変わりました(B6→A5)

 

anbarizuka.hatenablog.com

コミティア140に参加しました。

コミティア140に参加しました。

2022年5月5日に行われた「東京コミティア140」に参加しました。

当時のお品書き:

 

当日の様子:

 

 

 

 

 

自分がイラストを手掛けたゲーム「北海道4500km 攻略本」の新刊と、今回はサークル様のご協力を経て「ゲーム」も特別委託をいたしました(普段はゲームは陳列してないのでご注意を)

 

物凄く久しぶりに「行動制限」が一切発令されていない状態でのコミティアとなりました。
会場全体ではかなりの盛況で、早々にカタログが完売するほど。
今まではカタログ完売後はフリー入場だったのですが、今回から入場券対応に改められたようです(収支の問題もありますからね・・・他イベントではよくある対応ではあります)


お越しくださった皆様、ありがとうございました。

【同人誌】ウマvs路線バス

初頒布:2022年3月20日(奥付の日付)

体裁:印刷所製 表紙カラー+本文白黒 A5-36P

頒価:500円(会場頒価)

ステータス:初版在庫あり

弊サークルとしては2冊目のウマ娘本です。
バスネタで本を作ったのは初めてかと思います。もっと余裕あるつくりにするつもりが詰め込みすぎてギチギチのいつもの同人誌に。

漫画とテキスト半々の構成です。

 

www.melonbooks.co.jp

プリティーステークス23Rに参加しました。

2022年3月20日行われたプリティーステークス23R(スーパーヒロインタイム2022春、ウマ娘オンリー)に参加しました。

 


当時のお品書き:

 

設営状況等:

 

 

 

ウマ娘の同人オンリーに参加するのは2回目。京急蒲田駅近くのPiOは非常に便利なのですが、今年は耐震補強工事が行われるらしく年内のぷにケット系即売会はこれが最後との事。
またしばらくは横浜開催になるんでしょうか(横浜の会場は山下公園の近くで、ビミョーに不便なんですよね…)

 

 


(会場から京急の高架が見える。スペースからでも電車が走ってるの見えました)


今年はとりあえずウマ娘の同人誌を一冊出すことを目標にしていましたが、一冊出すともう一冊出したくなってきてしまった・・・差し込む余裕はあるのか?

 


お越しいただいた皆様、ありがとうございました。